ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

看護部

現在のページ

看護部紹介のメニューです。

看護部の教育体制

 

トピックス

現在情報はございません。

看護部の教育理念

医療技術の高度化、社会情勢にあった専門職業人としての役割を遂行するために系統的・継続的な能力開発を進める。専門職として質の高い看護を提供すると共に看護のキャリア開発を進め一個人としての成長と自己実現をめざす。

看護部の教育目的

  1. 自己実現をめざし、人間性豊かな看護師として成長する。
  2. 専門的な看護実践を深めるために自己研鑽する姿勢を養う。

キャリア開発概念図

キャリア開発概念図

新人看護師支援体制

新人看護師の支援システム

スキルアップナース

プリセプター

新採用者研修

新人看護師1年のあゆみ

緑ストラップは新人の証みんなが声をかけてくれます!

4月

新採用者オリエンテーション
病院の理念・概要、医療安全
電子カルテからの情報収集

技術研修
血糖・採血・点滴管理
酸素吸入・吸引
おむつ交換・移動・移乗など

5月

救急看護
救急の場面での基本的技術を身につけます

1ヶ月振り返り
1ヶ月の頑張りをみんなで共有します

7月

3ヶ月目くらいから、夜勤の見習いが始まる

3ヶ月振り返り
困っていることを解決し、次への目標設定をします

10月

フィジカルアセスメント
患者さんを理解するための研修

11月

KYT
潜んでいる危険に気づく訓練をし、感受性を高めます

2月

1年振り返り
2年目へ向けて、新たな目標を立てます

レベルⅠ取得(認定)

レベル別研修

レベルⅠ

レベルⅡを目指す研修

到達目標

  1. 根拠に基づいた看護を実践する
  2. 後輩と共に学習する
内容 目的 目標
私の考える看護Ⅰ 自分の大切にしている看護のレポートを基に、2年目看護師としての到達目標を再確認する
  1. 自分の目指す看護に向けて、今の自分にできる目標が言える
  2. 自分の大切にしている看護を述べることができる
  3. ディスカッションを通して、他者と自分の実践している看護の価値を認めることができる
フィジカルアセスメント
  1. 1年目に学習した呼吸・循環障害のある患者の看護に活かせるアセスメント技術を振り返る
  2. 根拠に基づく呼吸・循環のアセスメントの方法を理解し、フィジカルイグザミネーションを実施できる
  3. 事例検討を通して、学びと実践を結びつけることができる
  1. 事例検討の中で、1年目の研修で考えた自己の目標を振り返ることができる
  2. 事例検討を通して、フィジカルイグザミネーションから得られた情報を、アセスメントに繋げることの重要性に気づきを示せる
  3. 具体的に日々の看護で活用できるための、行動を目標として掲げることができる
看護倫理Ⅰ
  1. 臨床現場における倫理の重要性を理解する
  2. 看護職としての姿勢と態度を理解し、実践にいかせる
  1. 患者の安全を守るための手段として、患者の権利、倫理的配慮について理解できる
  2. 看護者が臨床現場で直面する、倫理的問題について、事例を通して気付くことができる
  3. 事例を通して患者の安全を守るための考え方・行動について発言し、列挙することができる
私の考える看護Ⅱ 日々の看護実践の中での、自己の患者・家族との関わりを振り返り、看護観を深めることができる
  1. 目標を基に、患者、家族等との関わりを通して、自分自身の看護を客観的に振り返ることができる
  2. プレゼンテーションを行うことで、伝えることの大切さ、難しさを知ることができる
  3. 来年度に向けて、自分自身の目指したい目標が言える
  4. 周りからの支援に気づきを示せる
  5. 同期の発表を聞き、共感する、認めることで、自己に置き換えて考えることができる

レベルⅡ

レベルⅢを目指す研修

到達目標

  1. 個別性を重視した看護を実践する
  2. 看護実践者として、後輩に指導的役割を果たせる
内容 目的 目標
リーダーシップ研修Ⅰ
(基礎)
リーダーシップの基本的な考え方を理解し、看護チームの中でリーダーシップを発揮できる
  1. リーダーシップについて知識を得ることができる
  2. リーダーシップについて学んだことを記載することができる
  3. 憧れるリーダー像を描ける
  4. 自分にもリーダーシップがとれるとわかる
  5. 日々の看護業務においてリーダーシップを発揮することができる
  6. 目標を意識することで、行動に繋げることができる

レベルⅢ

レベルⅣを目指す研修

到達目標

  1. 後輩の学習を支援する
  2. チームリーダーとしての役割行動がとれる
内容 目的 目標
リーダーシップ研修Ⅱ
(応用)
  1. チーム内においてリーダーシップを実践できる
  2. 各部署単位での、部署運営におけるリーダーシップについて理解する
  1. 組織の成り立ちを理解し、自分たちがどのような組織の一員なのかに気づく
  2. 日々の看護実践が、各部署単位での目標達成に繋がっていることを知る
  3. リーダーシップを発揮している場面を振り返り、自己の課題に気づくことができる
  4. リーダーシップを実践するために、自分にできることを考え具体的行動目標が見いだせる
退院調整 患者・家族が安心して退院できるよう退院調整の必要性を理解し、実践できる
  1. 退院調整における看護師の役割が理解できる
  2. 退院調整のプロセスが理解できる
  3. 患者・家族の意志を尊重した退院調整の実践につなげることができる

レベルⅣ

レベルⅤを目指す研修

到達目標

  1. 専門性の発揮、管理・教育的役割モデルとなり、
  2. 研究的に取り組む
内容 目的 目標
コーチング研修
  1. 他者と関わるためのコーチングスキルを学び、実践する方法を知る
  2. 後輩の力を引き出すコーチングが実践できる
  1. コーチングスキルを学び、その方法を述べることができる
  2. 指導的立場にある時の自己の傾向に気づくことができる
  3. コーチングスキルを用いた後輩指導が、自己の実践能力のレベルアップにつながることがわかる
  4. コーチングスキルを用い、役割モデルとして自発的に指導できる
看護倫理Ⅱ
  1. 倫理問題の具体的解決に向けてビジョンを持つ
  2. 意思決定支援について看護師の役割を理解する
  1. 事例を検討することにより、多様な価値観を認め合いながら倫理問題を解決するスキルを高める
  2. 事例を通して、現場で困っていることを解消し、類似事例に対応できうよう発展させることができる
  3. 意思決定プロセスの支援について学ぶ
  4. 意思決定支援について、患者の思いを尊重した看護実践につなげる学びを得る

役割研修

プリセプター

内容 目的 目標
後輩育成研修Ⅱ
(1か月の振り返り)
  1. 現代若者気質を理解し、後輩育成に活かすことができる
  2. 新人看護師が円滑に職場適応するための支援を通して自己成長ができる
  3. プリセプターシップを理解し、自己の役割を通して新人看護師と共に成長できる
  1. 今どきの若者の特徴と傾向を理解し、具体的な支援方法を考えることができる
  2. 後輩育成をしていく上で悩んでいることを述べることができる
  3. 他者の意見を受け止め、後輩育成として頑張っていることを述べることができる
  4. 成長記録に沿って、これだけは頑張ろうと思う目標を考えることができる
後輩育成研修Ⅲ
(振り返り)
  1. 新人看護師が円滑に職場適応するための支援を通して自己成長ができる
  2. プリセプターシップを理解し、自己の役割を通して新人看護師と共に成長できる
  1. プリセプターシップの経験を活かして、その人との関わり方がわかる
  2. 新人看護師を指導したことで、自分の課題を見出すことができ、今後に繋げることができる
後輩育成研修Ⅰ
(プリセプター導入)
  1. 後輩育成の役割を理解できる
  2. 後輩育成として、新人看護師との関わりを知ることができる
  3. 後輩育成を担う上での目標を見出すことができる
  1. 部署全体で新人教育を支援していくことを知ることができる
  2. プリセプターの役割を知ることができる
  3. プリセプティの特徴を知ることができる
  4. グループワークにおいて新人看護師との関わり方や、プリセプター像について意見交換できる
  5. 講義やグループワーク、研修後レポートを通し、新人看護師を受け入れる準備ができる
  6. 後輩育成を行う上での自己の課題、行動目標を明確化できる

スキルアップナース

内容 目的 目標
救急看護
  1. 新人看護師・後輩看護師に対し、救急処置に関する指導を行うための知識を得る
  1. 救急処置に関する指導に必要な知識が列挙できる
  2. 救急処置の指導場面を想定し、指導者の指示に従って指導が行える
  3. 救急処置に関する指導の重要性に気付きを示せる
  4. 救急処置に関する指導における知識・技術の習得について自己の課題を明確化できる
フィジカルアセスメント
  1. 新人看護師に対し、看護アセスメントに関する指導をするための知識を得る
  1. フィジカルアセスメントに関する指導に必要な知識が再認識できる
  2. フィジカルアセスメントの指導場面において、指導者の指示に従って指導の方法がわかる
  3. フィジカルアセスメントに関する指導における知識・技術の習得に対して、自己の課題が明確化できる
新人看護師の教育の
方法と留意点
  1. 新人看護師の技術教育に向けて、レディネスの把握と指導時の留意点がわかる
  2. 指導者として必要なコミュニケーションスキルを理解する
  3. 指導者としての自己を振り返り、行動化できる目標を見いだせる
  1. 講義を通して、スキルアップナースの目的・役割を理解できる
  2. 新人看護師の特徴を知ることができる
  3. 研修を通して、指導者としての自分自身を振り返ることができる
  4. 研修後、今後に向けての前向きな発言を聞くことができる

全体研修

内容 目的 目標
看護を語る会
  1. 看護を語り合うことで、積み重ねてきた看護体験には意味のあることに気づき、自信につなげ、やりがいを見出す
  2. 日々の看護を語り合うことに意味のあることを自覚する
  1. 看護を語り合うことで、より良い看護につながることを知る
  2. 看護のやりがいを再認識し、これからの看護について考え、述べることができる
  3. 形式知として看護を語ること、また語りを聞くことで、自分自身の看護を振り返ることができる
  4. 看護を語り、知識を共有することは、組織力向上に繋がることに気づく
認知症ケア 認知症高齢者を適切にケアするための基本的な知識を学ぶ
  1. 認知症の原因疾患、病態及び治療について理解できる
  2. せん妄の予防と対応方法がわかる
  3. 認知症患者の安全確保の方法がわかる
看護倫理
  1. 看護倫理に関する知識を深め、倫理的行動をとることができる
  2. 部署全体で倫理的感性を高めることができる
  1. 看護倫理とは何か理解を深める
  2. 自己の看護を倫理的な視点で振り返り、今後の実践に活かすことができる
  3. 自部署の看護場面における倫理的問題への対処方法を考えることができる

看護師・助産師の求人情報

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ