ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

乳腺外科

現在のページ

ページ内メニューです。

概要・特色

乳腺外科は、中国地方のがんセンターとして乳がんを中心とした悪性疾患、また良性疾患を含めた乳腺領域の疾患を幅広く担当しています。呉医療圈の中核機関として最先端の医療を皆様へ提供できるよう鋭意努めています。
現在、乳がん診療は高度に専門化しており、手術療法では整容性(乳房の美しさ)への配慮を徹底しつつ、詳細な検査結果に基づいた薬物療法および放射線療法により、できるだけ高い治癒率を達成するように心がけています。主な疾患として、原発性乳がん、乳腺良性腫瘍、その他の乳腺疾患を扱います。
年間100例以上の原発性乳がん手術を施行し、これまでに1000例を越える原発性乳がんの手術を経験しています。当院での原発性乳がんに対する進行度別の治療成績と、年度別推移のグラフを図に示します。早期乳がんは適切な加療を受けていただくことにより、高い確率で治すことが出来ます。一方で、病期が進行した乳がんも適切な加療を受けていただくことにより、治すことや病気の進行を遅らせることは十分に可能です。

図 当院での原発性乳がんに対する病理病期別治療成績(生存曲線)

グラフ

図 当院の原発性乳がんに対する手術症例数の年度別推移

グラフ

当科の特色

国立病院機構の主幹病院、地域のがんセンターとして、医療の質を担保するために以下の特徴があります。

診療内容・対象疾患

診療内容

当科では主治医制をとり、他診療科医師およびメディカルスタッフとの連携により、患者さんを支えます。

主治医、他診療科医師およびメディカルスタッフとの連携図

乳腺外科の初診から診断・治療までの流れ

初診から2週間以内に診断を行い、1ヶ月以内に治療を開始します。

初診から診断・治療までの流れイラスト

乳がんに対する治療

早期乳がんでは根治が十分に期待できるため、病変の切除を目的とした手術、および、乳がん再発予防を目的とした補助療法(薬物療法と放射線療法)を受けていただきます。

当科の乳がん治療その1:根治性と、整容性と機能性を重視した手術を行います。

早期がんに対する標準治療として乳房手術と腋窩手術が行われます。これまでの臨床試験の結果を受け、必要最小限の切除で十分な治療成績(根治性)が得られることが分かりました。よって、乳房については綺麗な形(整容性)を維持し、腋窩については上肢運動(機能性)の影響を最小限とする手術が施行されます。乳房再建を希望される場合は、当院形成外科と連携し対応いたします。当院で施行している手術内容と、過去と現在の乳がん手術の比較を表に示します。

当院で実施している手術内容

乳房手術

腋窩リンパ節手術

乳房再建手術(保険適応)

入院期間

過去の乳がん手術と現在の乳がん手術の比較
比較画像
過去の標準手術
(Halsted手術)

現在の標準手術
(乳房温存手術)
整容性 劣る きれい
痛み 強い 軽い
上肢運動制限 強い 軽い
入院期間 3~4週間 1~2週間
出血量 200~500g 50g以下
手術時間 3~4時間 2時間以内
当科の乳がん治療その2:正確な病理診断に基づいた適切な補助療法を行うことにより乳がん再発を防ぎます。

乳がん再発を予防する目的で、薬物療法および放射線療法による補助療法が行われます。これまでの臨床試験の結果を受け、『乳がんの進行度』および『乳がんのタイプ』に応じた補助療法を施行することにより、乳がん再発は減少し、根治性が高まることが証明されています。当院では精度の高い病理診断(病理診断科)を行い、薬物療法についてはがん薬物療法専門医(腫瘍内科)、および、放射線療法については放射線治療専門医(放射線腫瘍科)と連携し、高いレベルでの乳がん医療を提供しています。

当院における乳がんの病理診断および補助療法(連携する科名)図

関連リンク

当科の乳がん治療その3:手術後は定期的な診察を受けていただき、治療後のケアを十分に行います。

乳がんに対する補助薬物療法は化学療法が3~6ヶ月、ホルモン療法が5~10年と長期に及びます。乳がん薬物療法の再発予防効果を十分に発揮するために、副作用の管理を適切に行い、治療を継続していただくことが重要です。また、手術後10年は経過観察を受けていただくことが必要です。当院では、定期的な診察により、手術後のケアを十分にいたします。また当院と連携を結んでいるクリニックと協力することにより患者さんの通院や待ち時間の負担を減らすようにしています(地域連携といいます)。

当科の乳がん治療その4:再発乳がんや進行乳がんに対しては、治療を行うことにより元気で過ごせる期間を延ばします。

全身に転移を認める乳がんを根治することは困難ですが、薬物療法を中心とした治療により病気の進行を遅らせることが可能です。再発・進行乳がんに対する薬物療法には抗がん剤治療、ホルモン療法、分子標的治療の数多くの薬剤があり、個々の患者さんの病状や希望に合わせた最善の医療を実践し、元気に過ごせる期間を延ばします。

治療診療実績

2017年度治療診療実績
原発性乳がん 134 センチネルリンパ節生検術 107
乳房温存手術 71 化学療法 55
乳房再建手術 10 放射線療法 71

最近の研究実績:論文(筆頭のみ)

  1. 仁科麻衣:エコーガイド下上腕CVポート造設法と合併症の検討.手術手技.(in press)
  2. Shigematsu H : Minimal prognostic significance of sentinel lymph node metastasis in patients with cT1-2 and cN0 breast cancer. World J Surg Oncol. 2019 Feb 23;17(1):41. doi: 10.1186/s12957-019-1585-9.
  3. 安井大介:比較読影により早期に発見したトリプルネガティブ乳癌の一例.日本がん検診・診断学会誌  25(2):  194-197  2018
  4. Shigematsu H : Overexpression of topoisomerase II alpha protein is a factor for poor prognosis in patients with luminal B breast cancer. Oncotarget. 2018 Jun 1;9(42):26701-26710.
  5. Shigematsu H : Comparison of CK-IHC assay on serial frozen sections, the OSNA assay, and in combination for intraoperative evaluation of SLN metastases in breast cancer. Breast Cancer. 2018 Mar;25(2):191-197
  6. Shigematsu H : A case report of locally advanced triple negative breast cancer showing pathological complete response to weekly paclitaxel with bevacizumab treatment following disease progression during anthracycline-based neoadjuvant chemotherapy. Int J Surg Case Rep. 2017;39:293-296
  7. Shigematsu H: Clinical Significance of Extracapsular Invasion at Sentinel Lymph Nodes in Breast Cancer Patients with Sentinel Lymph Node Involvement. Ann Surg Oncol. 2015 Jul;22(7):2365-71.
  8. Shigematsu H : The efficacy and safety of preoperative chemotherapy with triweekly abraxane and cyclophosphamide followed by 5-Fluorouracil, epirubicin, and cyclophosphamide therapy for resectable breast cancer: a multicenter clinical trial. Clin Breast Cancer. 2015 Apr;15(2):110-6
  9. Shigematsu H : Role of FDG-PET/CT in prediction of underestimation of invasive breast cancer in cases of ductal carcinoma in situ diagnosed at needle biopsy. Clin Breast Cancer. 2014 Oct;14(5):358-64

スタッフ紹介

氏名 職名・免許取得 専門医、認定医等 得意とする分野
シゲマツ ヒデオ
重松 英朗
乳腺外科科長
医学博士
平成11年
日本乳がん学会乳腺学会専門医・指導医・評議員
日本外科学会専門医
日本がん治療認定機構認定医
乳腺疾患全般
乳がん手術
乳がん薬物療法
乳がん診断
ヨシヤマ トモユキ
吉山 知幸
乳腺外科医師
平成13年
日本外科学会専門医
日本乳がん学会認定医
日本がん治療認定機構認定医
マンモグラフィ認定読影医
乳腺疾患全般
イケジリ ハルカ
池尻 はるか
乳腺外科医師
平成29年
  乳腺外科一般
ヤスイ ダイスケ
安井 大介
非常勤医師
平成11年
日本外科学会 外科専門医
日本乳癌学会 認定医
マンモグラフィ読影認定医
 

外来診療日割表

午後の診察は完全予約制となっています。

休診の場合がございますのでこちらでご確認ください。

診察時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前 重松
吉山
重松
吉山
重松
吉山
手術日 手術日
安井
午後 重松
吉山
重松
吉山
重松
吉山
  手術日
安井

初診 月曜日~水曜日・金曜日
月曜日~水曜日:重松英朗・吉山知幸、金曜日:安井大介

手術日(乳腺外科)木曜日午前・金曜日

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ