ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

リハビリテーション科

現在のページ

ページ内メニューです。

概要・特色

リハビリテーションとは、病気や事故によって生じた障害に対して医学的治療や機能訓練をおこない、可能な限りの心身の回復と社会・家庭復帰を支援することです。病院では病気やケガそのものに治療を行います。

これに対して、リハビリテーションは病気やケガそのものを治療の対象とするのではなく、そこから生じた「動けない」「歩けない」「話せない」などの「障害」を対象とするところが特徴です。
病院での治療は注射や投薬、手術といった患者さんにとって「受け身」の治療が主であるのに対して、リハビリテーション医療は「動けない状態を克服する」「自分でトレーニングする」という患者さんご自身の努力と協力が不可欠です。

写真 理学療法部門

ひとりひとりに最適なリハビリテーション医療を

人それぞれ違いがあるように、障害は多様で個別的(パーソナル)なものです。リハビリテーション科では障害の内容や程度、年齢や体力、性格や家庭環境など様々な要素を考慮し、ひとりひとりに最適なリハビリテーションを疾患別チームで提供しています。

写真 作業療法部門

リハビリテーション科は外来棟2階の南端にあります。窓から四季折々の自然の変化を眺めながらリハビリに取り組んでいただけます。
スタッフそれぞれが最新の知識・技術の研鑽につとめ、患者さんが回復されることを喜びとして日々業務に取り組んでいます。

施設基準

疾患別リハビリテーション

脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ

脳出血・脳梗塞・脊髄損傷・神経難病など

廃用症候群リハビリテーション料Ⅰ

手術や治療のための安静で生じる機能低下

運動器リハビリテーション料Ⅰ

上肢下肢の骨折・脊椎疾患・手根管症候群・手の外科手術後・切断など

呼吸器リハビリテーション料Ⅰ

肺炎・肺気腫・肺がん術後など

心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ

急性心筋梗塞、狭心症、 開心術後、大血管疾患(大動脈解離、解離性大動脈瘤、大血管術後)、慢性心不全、末梢動脈閉塞性疾患など

がん患者リハビリテーション

がんの術後、緩和ケア、造血幹細胞移植後・抗がん剤・放射線治療による機能障害

写真 リハビリテーション科集合写真

精神科作業療法

うつ病・統合失調症・適応障害など

365日診療体制

発症後あるいは手術後まもない患者さんや医師が必要と判断した患者さんは、休日もリハビリテーションを行っています。
ゴールデンウィーク、年末年始など休日が続く場合は急性期の患者さんを優先しながら診療の必要度に応じて行っています。

疾患別チーム編成

脳血管疾患、運動器疾患、心臓疾患、呼吸器疾患、廃用症候群、がん、精神科、消化器外科等の主要疾患には理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がチームを編成しています。各職種の専門性を生かし高度なリハビリテーションを提供しています。

関連部門

リハビリテーション科 関連部門のメニューです。

チーム医療活動

カンファレンス

リハビリテーションはさまざまな職種がそれぞれの専門性を提供しながら、患者さんの回復を支援するチーム医療です。定期的にカンファレンス(事例検討会)を行い病状、問題点、治療の進行度、今後の方針などを多職種で検討しよりよい診療ができるよう努めています。

呼吸器ケアチーム(RCT: Respiratory Care Team)

人工呼吸器を使用している患者さんに対して、管理方法の標準化と人工呼吸器からの早期離脱、質の高い看護ケア提供を目的として専門のチームを構成して治療にあたっています。リハビリテーション科スタッフも、医師・看護師・臨床工学技師・栄養士とともに活動しています。

栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)

栄養状態が悪い患者さんに対して最もふさわしい方法で栄養状態を良好に保つことを目的として構成された栄養支援チームです。言語聴覚士が医師・看護師・栄養士とともに活動しています。

診療実績

グラフ 平成20年から24年までの疾患別リハビリテーション件数

卒後教育・学術活動

当科では、教育・学術部が中心となり、卒後教育・文献抄読会・科内勉強会の企画・運営、臨床研究のサポートを行う体制をとっています。また、学会や教育・学術講演活動への参加、専門資格の所得なども積極的にバックアップしています。

卒後教育

新人スタッフは疾患別チームのローテーションで教育を受けるシステムを導入しました。ローテーション終了後は症例報告を行い、知識や技術の習得の成果を発表する場を設けています。年間を通して医療安全・感染対策についての研修会を行い、資質の向上に努めています。

研究・研修実績

学会発表(平成28年度実績)
第51回日本理学療法学術集会(札幌市)
「重度の感覚性運動失調により歩行不能となった傍腫瘍性ニューロパチーの1症例に対する移乗動作獲得までの理学療法経験」
第17回日本言語聴覚学会(京都市)
「術後超早期経口摂取の妥当性の研究」
第38回日本呼吸療法医学会学術集会(名古屋市)
「間質性肺炎患者における呼吸同調器の有無が運動負荷の結果に及ぼす影響」
第30回中国ブロック理学療法士学会〈倉敷市〉
「鏡視下膝関節受動術後の早期運動療法により、関節可動域の改善が得られた一症例」
第26回呼吸ケア・リハビリテーション学会(横浜市)
「肺切除予定患者の術前リハビリテーション実施における身体活動量変化の検討」
第70回国立病院総合医学会(宜野湾市)
「肺がん術前リハビリテーションは、日常生活活動量の増加になり得るか」
「肺切除予定患者に対する包括的呼吸リハビリテーション~SpO2連続測定の意義について~」
理学療法士協会呉支部 事例検討会(呉市)
「未告知脳腫瘍患者の理学療法を経験して~外泊に向けた移乗動作練習で介助量軽減が得られた一例~」
広島県作業療法士協会 学術部 事例検討会 中南部地区(東広島市)
「くも膜下出血により前頭葉症状を呈した症例~トイレ動作に着目して~」
「脳外傷により対人技能の低下を来した1症例~対人技能獲得に向けた介入~」
座長など
PT協会主催がんのリハビリテーション研究会〈神戸市〉
ファシリテーター
PT協会主催がんのリハビリテーション研究会〈山口市〉
ファシリテーター
第70回国立病院総合医学会(宜野湾市)
座長
第3回愛媛県がんのリハビリテーション研究会〈愛媛県〉
ファシリテーター
がんのリハビリテーション研修(広島大学)
ファシリテーター
教育講演活動・学術講演等
大谷リハビリテーション病院(江田島市)
「呼吸リハビリテーション(講義)」
PT協会主催がんのリハビリテーション研究会〈山口市〉
「ADL、IADL障害に対する対応(講義)」
第2回愛媛県がんのリハビリテーション研究会〈愛媛県〉
「進行がん患者に対するリハビリテーションアプローチ(講義)」
日本理学療法士協会主催 がんのリハビリテーション研修(甲南女子大学)
「ADL、IADLに困難を生じた方へのアプローチ」
パーキンソン病連携講演会in呉
「パーキンソン病のリハビリテーションについて」
臨床研究の推奨

『ひとりで悩まない』をテーマに、教育・学術部とチームを組んで臨床研究のノウハウを学んだり、疑問を検討しています。基礎的な知識の習得から学会報告まで段階的に取り組んでいけるようサポートしています。

専門資格者の養成

がんのリハビリテーション料算定要件講習会受講、3学会合同呼吸療法認定士、NST専門療法士、心臓リハビリテーション指導士、日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士など専門的な資格の所得を推奨しています。

スタッフ紹介

氏名 職名・免許取得 専門医、認定医等 得意とする分野
ヤマザキ タクマ
山崎 琢磨
リハビリテーション科科長
整形外科医長
医学博士
平成7年
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病認定医
日本股関節学会認定股関節鏡技術認定取得医
整形外科一般
股関節外科
トリイ ツヨシ
鳥居 剛
医療情報部長
脳神経内科科長
医療情報管理室長
臨床研修部長補佐
医学博士
平成5年
日本内科学会認定総合内科専門医、指導医
日本神経学会専門医、指導医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医、指導医
日本認知症学会専門医、指導医
日本内科学会認定JMECCインストラクター
日本救急学会認定ICLSディレクター
広島大学医学部臨床教授
神経内科全般、脳卒中、認知症、頭痛、神経難病
イトウ ヨウコ
伊藤 陽子
脳神経外科医長
平成5年
日本脳神経外科学会専門医 てんかん
脳血管障害

外来診療日割表

午後の診察は完全予約制となっています。

休診の場合がございますのでこちらでご確認ください。

診察時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前   山崎 鳥居   濱田
午後 伊藤        

休日診療

発症後あるいは手術後まもない患者様や医師が必要と判断した患者様を対象として診療を行っています。
ゴールデンウィーク、年末年始など休日が続く場合は急性期の患者様を優先しながら診療の必要度に応じて行っています。

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ