ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

臨床研究部

現在のページ

臨床研究部 研究実績のメニューです。

精神神経科学研究室(担当医師:町野 彰彦)

  1. 抗うつ薬の創薬に関するグリア関連新規ターゲットの同定
  2. 精神疾患に関する血液・髄液バイオマーカーの探索
  3. 電気刺激療法(電気けいれん療法:ECT)の再発予防に関する検討
  4. 気分障害患者における経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)の臨床応用
  5. 光トポグラフィー検査を用いた精神疾患の鑑別診断に関する臨床的検討
  6. 抑うつ患者の集団行動活性化プログラム(クレアクティブ)の治療効果に関する検討
  7. 看護学生・看護師のバーンアウトに関する臨床研究

免疫応用科学研究室(担当医師:尾上 隆司)

  1. 腫瘍内血管内皮を介した腫瘍の免疫逃避機構の解明と癌免疫療法への応用
  2. 多機能幹細胞を用いた自然免疫再構築による肝炎治療法の開発と臨床応用
  3. 消化器癌における演奏関連遺伝子多型の研究

低侵襲がん治療研究室(担当医師:桑井 寿雄)

  1. 大腸悪性狭窄に対する自己拡張型金属ステント挿入による腫瘍学的悪性度変化の検討 ~大腸ステント留置術治療指針の明確化~
  2. Cold Biopsyの安全性と有用性に関する検討
    ~Jumbo鉗子による簡便な内視鏡的大腸ポリープ切除術の標準化~
  3. SB Knife Jrを用いた大腸ESDの有効性と安全性に関する国際多施設共同前向き
  4. リンチ症候群の拾い上げ及び遺伝子診断に関する多施設共同研究
  5. 遺伝性消化管腫瘍症候群(ポリポーシス及び関連癌を含む)における原因遺伝子の同定と新たな原因候補遺伝子の探索—次世代シークエンシング技術を利用して-
  6. SOUTEN®を用いた大腸hybrid ESD/precutting EMRの有効性と安全性に関する前向き観察研究
  7. ハサミ型ナイフを用いた咽頭食道憩室(Zenker憩室: ZD)に対する内視鏡治療
  8. Niti-S 大腸用ステントMDタイプ多施設共同前向き安全性観察研究

腫瘍病理研究室(担当医師:倉岡 和矢)

  1. 肺癌におけるPD-L1発現解析
  2. 大腸癌等におけるミスマッチ修復遺伝子の検討
  3. 消化器腫瘍組織由来のオルガノイドを用いた遺伝子発現、薬剤感受性の解析
  4. AI(人工知能)等を用いた病理組織デジタル画像診断支援システム開発
  5. 液状検体法とThe Bethesda systemを用いた口腔細胞診の有用性検討
  6. 乳癌特殊型の臨床・病理学的意義の解明および新分類の提唱(H29-NHO(癌般)-01)
  7. デジタルパソロジー用いた遠隔病理診断によるNHO病理診断ネットワークの実現性と有用性の検討
  8. OSNA法による肺癌リンパ節転移診断の検討
  9. 画像自動解析ソフトを用いた乳癌免疫組織化学的解析

腫瘍統計・疫学研究室(担当医師:三村 剛史)

  1. 肺癌に対する完全胸腔鏡下肺葉切除・区域切除への3D内視鏡システム使用の評価
  2. 肺区域切除術におけるマイクロ波メスによる肺区域間作成の有効性および安全性の評価
  3. 特発性肺線維症(IPF)合併非小細胞肺癌に対する周術期ピルフェニドン療法の術後急性悪抑制効果に関する第III相試験
  4. 臨床病期I/II期に対するリンパ節郭清範囲の治療的意義に関するランダム化比較試験
  5. 非小細胞肺癌完全切除例に対する MEDI4736 アジュバント療法のプロスペティブ二重盲検プラセボ対照ランダム化第 III 相比較試験

先進医療研究室(担当医師:田代 裕尊)

  1. アンチスロンビン欠損マウスを用いた化学誘発肝がんに関する研究
  2. 脂肪肝における肝がん進展に関する研究

がん患者病態生理研究室(担当医師:白石 成二)

  1. がん性疼痛モデルマウスを用いて新たな鎮痛薬を開発する
  2. 抗がん剤による末梢神経障害モデルマウスを用いて予防と治療法を開発する
  3. がん性悪液質モデルラットを用いて病態を解明し治療法を開発する
  4. 神経障害性疼痛モデルマウスを用いて新たな鎮痛薬を開発する

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ